聞いてもらうこと=ペットロス=

ある20代の動物が大好きな方が、都会で一人暮らしをされていました。

フィレットちゃんやネコちゃんと一緒に暮らしていましたが、

悲しいことに、ある日、帰ると、フィレットちゃんが旅立っていました。

心臓発作だったようですが、突然のことで、どうしてこうなってしまったかと思い返すと、

前の晩に少し食欲がなかったことを思い出し、病院に連れて行かなかったことを悔やみ、

そのことをキッカケに仕事もままならず、辛い日々が続きました。


そして、療養のために故郷の北海道に戻り、生活を再スタートされました。

その方曰く、自分が重度のペットロス症候群になるとは思ってもなかったと、話されていました。


ペットちゃん達との暮らしは、都会で働く一人暮らしの生活にとって、とても大きな癒しだったそうです。

だから癒してくれた感謝の一方で、私がしっかりしていればと、申し訳ない気持ちでいっぱいになり、胸が張り裂けそうになったそうです。

そして、心は落ち込んでいても、周りはなかなか気づかないものなので、

一人で抱え込んでしまいました。


残念ながら、人の痛みは、簡単に分からないものです。

投げかける言葉も見つからないものですが、その方は、お医者さんやカウンセラーの方に、話しを聞いてもらうことで、復調に向い、今は、動物に携わる職業に就く夢を持って過ごされています。



強い心の痛みを抱える時は、一人で乗り越えようとせず、カウンセラーの方や、昔だと近くのお寺が聞き役だったかもしれませんが、上手く話せなくても、しっかり聞いてもらえる方を探すことは、自らができる大切な方法だと思うのです。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示