供養=ペットロス=

ペットちゃんと生活する動機は、様々ですが、その存在の可愛さは、幸福感や癒しと繋がっています。

心を満たしてくれるペットちゃんが、いなくなると、その部分が悲しみに変わり、別の何かで補うこともなかなか難しいものですが、一緒に過ごす宿命でもあります。

でもいない現実があまりにも寂しく、家に帰ると、そこにいる存在を反射的に追ってしまいます。

供養することによって、反射的に追ってしまう自分に、別の行動と心をもたらします。



供養の形は人によってそれぞれですが、わたしは、あるお寺のご住職様が、「お別れの前に遺毛だけでも少し残してくれれば供養しますね」という


言葉で、心が少し落ち着き、和らぎました。


「こうしてあげたい」という形は100人いらっしゃったら100通りあるかもしれません。

少しでもお力になりたいと思っています。


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示